ブログ一覧

信州佐久の機械屋です!

くるみの生産量が全国1位の長野県。 
その生産量に大きな役割を果たしているのが、当社から約27kmにあります東御市です。 
東御市の名産の1つ「シナノミルク」は、殻が薄く、実が大きいのが特徴です。 
お菓子の他、くるみだれの蕎麦、他にも色んな料理に使われています。 
お近くにお越しの際は、是非、東御市のくるみを使った料理をご試食下さいませ!

2019年07月17日

信州佐久の機械屋です!

当社から約18kmにあります立科町の特産品で、もう1つご紹介したいものが、「蓼科牛」です。 
「長野県魅力発信ブログ」によりますと、蓼科牛は、「きれいな水、長い日照時間、冷涼な気候」で育てられている為、暑さが苦手な牛にとって、
立科町の気候は、とても適しています。
そして、この気候で育った蓼科牛の特徴は、「肉質がきめ細やかで、やわらかく、甘みがある」(信州立科町 まるごとガイド2018参照)
なんと、伊勢神宮にも奉納された牛肉でございます! 
想像するだけでも、よだれが出てきそうな蓼科牛、是非お召し上がり下さい! (友野幸子)

2019年07月10日

信州佐久の機械屋です!

先週、立科町の特産品をご紹介致しましたが、立科町には他にも特産品がございます。
それは、「りんご」です。 
立科産のりんごは、「果汁が多く、甘みが強く、酸味の少ない」のが特徴で、とりわけ「サンふじ」は適度の甘さと蜜が沢山入っていて、贈り物としても好評です。(信州 立科町 まるごとガイド2018参照) 
また、加工されたリンゴジュースも人気の商品です。 
是非、立科産のリンゴをお試し下さいませ!
(友野幸子)

2019年07月03日

信州佐久の機械屋です!

白樺湖、女神湖など観光地として有名なのが、当社から約18kmにあります立科町です。 

ここ立科町の特産品の1つが、お米「コシヒカリ」です。
晴天率が高い立科町は、昼夜の温度差が大きく、蓼科山から流れる清らかな水と、
土壌が粘土質の為、品質の高い、米の旨味をたっぷり含んだ美味しいお米が出来ます!
お近くにお越しの際は、是非お土産にいかがでしょうか? (友野幸子)

2019年06月26日

信州佐久の機械屋です!

当社から約30kmにあります北相木村は、村の面積の9割を山林が占めている自然豊かな村です。 
村には、「長者の森」というロッジ、コテージ、キャンプ場があり、その「長者の森」から約2kmにある加和志湖では、コイ、イワナ、ヤマメなどを釣って
楽しむ事が出来ます。 
ここ北相木村の特産品は、夏は高原野菜で、主に関東地方に出荷されています。 
また、信州を代表する「野沢菜漬」も特産品ですので、お近くにお越しの際は、是非、北相木村直売所にお立寄り下さいませ! (友野幸子)

2019年06月19日

信州佐久の機械屋です!

日本一標高の高い場所にある「南相木ダム」。 このダムが存在する場所が、当社から約30kmにあります南相木村です。 
南相木村役場振興課観光係が発行している冊子によりますと、「南相木ダムは、岩石や土砂を積み上げて造られたロックフィルダム」だそうで、標高1532mに位置し、高さ136m、幅444m、1周5.5kmあります。 
この南相木村の名産品は、白菜・レタスなどの高原野菜と、条件が揃っているからこそ栽培出来る「相木そば」です。 
この村では、そば打ち体験や農業体験が出来ますので、ご興味のある方は、南相木村のホームページをご覧になってみて下さい!(友野幸子)

2019年06月12日

信州佐久の機械屋です!

先月からご紹介しております小海町は、標高が高く、空気が澄んでいる為、星空が大変美しく見える、国内でも有数の星空スポットとして注目されている町でもあります。 
そして、この度、この星空の絶景スポットを写真付きで紹介しているガイドブックを、小海町役場観光課・小海町観光協会が製作されました。
このガイドブックの監修・撮影をされたのが、当社の取引先である、テレスコ工作工房さんです。 
この冊子は、観光案内所、小海町農産物加工直売所、役場商工観光係にございます。 
また、小海町観光協会のホームページからでも印刷出来ます。 
ご興味のある方は、是非、こちらのガイドブックを手にとってみて頂き、星空絶景スポットに足を運んでみてはいかかでしょうか?
(友野幸子)

2019年06月05日

信州佐久の機械屋です!

今月最後にご紹介致しますのは、小海町の直売所「プチマルシェこうみ」の中にある「まめカフェ」です。

直売所では、春は山菜、夏は高原野菜、秋はキノコなど旬の野菜を販売しており、この「まめカフェ」では、地元で採れた農産物をふんだんに使った料理やスイーツを提供しております。 

先週ご紹介しました小海の特産品「鞍掛豆」を使ったメニューもございます。 

また、毎月のようにランチメニューが変わるそうなので、何度足を運んで頂いても楽しんで頂けるとの事。 

「まめカフェ」の営業時間は、10:30~16:00、ランチタイムは11:30~14:00まで。 

お近くにお越しの際は、是非、こちらでご休憩はいかがでしょうか? (友野幸子)

2019年05月29日

信州佐久の機械屋です!

当社から約26kmにあります小海町は、大ヒットした映画「君の名は」の製作者、新海誠監督の出身地として一躍有名になりました。
今週は、その小海町の特産品「鞍掛豆(くらかけまめ)」をご紹介致します。
この名前の由来は、馬の背中に鞍をかけたような模様に見えるからだそうで、「パンダ豆」とも呼ばれています。 
一般的な大豆に比べて、食物繊維やビタミンB6、ベータカロテンが豊富で、健康にとても良い食材です。
(小海町役場観光課発行 「八ヶ岳 小海町」参照)
また、直売所「プチマルシェこうみ」では、この豆を使って商品化されたソーセージ、納豆、アイスクリームなどを販売しております。 
お近くにお越しの際は、是非お立寄り下さいませ!(友野幸子)

2019年05月21日

信州佐久の機械屋です!

当社から約9kmにあります、活火山で有名な浅間山の南麓にある地域が御代田町です。
この町から見える浅間山は、思わず立ち止まって写真撮影したくなる位、見事な風景です。
今週は、その御代田町の特産品、高原野菜をご紹介致します。
農業が盛んな御代田町は、レタス、キャベツ、白菜、ブロッコリーなどを栽培しており、特にレタスは、品質や出荷量で国内有数の産地の1つです

(「信州・御代田」御代田町役場・御代田町観光協会発行 参照)。 

直売所が、町内に2ヵ所ございますので、お近くにお越しの際は、是非お立寄り下さいませ! (友野幸子)

2019年05月14日

信州佐久の機械屋です!

今月最後にご紹介致します、軽井沢の代表的な特産物は「軽井沢彫」です。
軽井沢は明治時代、イギリスの宣教師 アレキサンダー・クロフト・ショー氏によって見出され、開発が進み、多くの外国人宣教師が訪れる様になりました。そして、ライフスタイルの違う外国人にあった西洋家具を作ろうと、日光から職人を招き、始めたのが「軽井沢彫」です。

創業時は、牡丹や菊の一輪彫が主流でしたが、外国人好みの桜木全体を彫るスタイルへと変わりました。 

小さい物は手鏡や茶托が、大きい物はタンスがお土産として販売されております。 

ご興味のある方は、是非ご覧になってみて下さい。
(軽井沢町観光経済課発行「軽井沢案内 2018」参照)(友野幸子)

2019年04月27日

信州佐久の機械屋です!

軽井沢の高冷地の気候をいかして栽培されている「軽井沢霧下野菜®」。 
気温が高くなる夏季、高原の軽井沢の朝は、霧が発生します。 
その湿度が野菜の表面の乾燥を防ぐ為、甘くて柔らかい野菜に成長します。 
(軽井沢町観光経済課発行「軽井沢案内 2018」参照)
この「軽井沢霧下野菜®」の代表が、キャベツ、レタス、白菜、とうもろこし、ほうれん草、野沢菜。 

どれも軽井沢発地市庭で直売しています。
是非、こちらの美味しい野菜をご賞味下さいませ! (友野幸子)

2019年04月19日

信州佐久の機械屋です!

当社から約20kmにあります軽井沢町は、国際観光文化都市に指定されています。
自然や環境を大切にしながら、観光行事にも力を入れていて、以前とは違い、年間を通して観光客が訪れる場所になりました。 

今月は、そんな軽井沢町の名産・名物をご紹介致します。 

軽井沢のお土産と言えば「ジャム」が有名です。 
町を歩いておりますと、沢山の「ジャム店」を見かけます。 

明治時代、軽井沢には多くの外国人宣教師が滞在していて、その宣教師達から製法を教わりました。 
それぞれのお店が、こだわりのジャムを販売しております。 

お近くにお越しの際は、是非、軽井沢のジャムをご賞味下さいませ! (友野幸子)

2019年04月11日

信州佐久の機械屋です!

今月最後にご紹介致します、上田市の名産は、秋の高級食材「松茸」です。
上田市は、日本でも指折りの松茸の産地です。 

毎年秋になりますと、ニュースで取り上げられる程、県内でも有名な地域です。 
シーズン中は、市内に「松茸小屋」がオープンし、土瓶蒸し、焼き松茸などを楽しむ事が出来ます。 

今年の秋は、是非上田に松茸を食べにいらして下さい! (友野幸子)

2019年03月28日

信州佐久の機械屋です!

こんにちは、信州佐久の機械屋です。

今や全国各地にご当地グルメがありますが、当社から約30kmの上田市の
ご当地グルメの1つに「美味(おい)だれ焼き鳥」がございます。 
醤油ベースのたれに、すりおろしたニンニクを入れ、焼き鳥にかけて頂く、
地元で50年以上前から愛され続けているご当地グルメです。 
上田市内には、この「美味だれ焼き鳥」を提供しているお店が30店舗以上ありますので、
お近くにお越しの際は、是非ご試食してみてはいかかでしょうか? (友野幸子)

2019年03月22日